企画書用「3in1メモの3D(立体)イラスト」の作り方。

3in1メモの3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。今回は開いた状態をつくってみます。角度の異なる左右面を如何に簡単に作るかがポイントです。

3in1メモの3D(立体)イラスト:平面

まず、イメージしやすいように見開きの平面を作りました。実際に3D作成に使用するのは下の断面図の方です。各サイズはテンプレートデータでご確認ください。

3in1メモの3D(立体)イラスト:断面図

【1】が表紙カバー兼台紙です。最初から左右両扉を傾けておきます。今回は各15度にしました。必ずグルーピングしておきます。ピンクの部分が厚さになります。【2】【4】がメモで実際には厚さ3mm程度ですが、デフォルメして4mmと設定します。【5】が中央のふせんで厚さ3mmと設定します。

3in1メモの3D(立体)イラスト:(立体)

全てのパーツに効果/3D/押し出し・べベルを適用します。「3D押し出し・べベル」オプション機能で、水平(X)軸【-63°】、垂直(Y)軸【27°】 、奥行き(Z)軸【-11°】と設定します。「3D押し出し・べベル」オプション機能で、「押し出しの奥行き」を、【1】が「88mm」、【2】【4】は「80mm」、【3】は「76mm」、【5】は「12mm」とミリメートルで入力します。

3in1メモの3D(立体)イラスト:(立体)1

それぞれの要素を移動して適正な位置へ配置していきます。
これで3Dは出来上りです。
この3Dに平面のデザインをマッピングします。

3in1メモの3D(立体)イラスト:(立体)2白地

ここで、表紙のカラーを「白」に変更しておきます。(図では分りやす用にパーツによっては5~10%のBLを差しています。)

3in1メモの3D(立体)イラスト:平面デザイン

平面のデザインを用意します。今回は表紙タイトルのみですが、実際には各面を活用して効果的に使ってください。

3in1メモの3D(立体)イラスト:平面マッピングパーツ

実際にマッピングするパーツはこちらです。ベタ面はひとつで賄います。フィルムフセンがセットされている白い台紙は、実際には角に小さなアールが付いていますが、3Dでは省略します。最後の企画書にレイアウトする平面デザインでは表現しています。

3in1メモの3D(立体)イラスト:完成

完成です。
フィルムフセンは各正面に色の帯をマッピングしています。

3in1メモの3D(立体)イラスト:完成

平面デザインと共にレイアウトし、ドロップシャドウを適用したりして、出来上りです。拡大縮小すると崩れてしまいますので、原寸でお使いいただくことをお勧めします。今回は、A4サイズに収めるために、平面図を縮小しています。

3in1メモ:サムネール用01

実際のサンプル写真です。

 

 

 


【メモ工房】『3in1メモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】

 

【メモ工房】『3in1メモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※このページのメモ帳の仕様は、次の通りです。
   【3in1メモ】
   表紙刷色数 『1色』
   メモ用紙(左)刷色数 『1色』
   メモ用紙(右)刷色数 『1色』
   ※備考欄に「表紙の内側も1色印刷。」とご記入ください。