オリジナル 付箋(ふせん)の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【カバー付ふせん:CFM-076A】

「カバー付ふせん:CFM-076A」の3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。「カバー付ふせん:CFM-076A」は、カバー付ふせんの基本形。セットされるフセンも1種類ですので、3Dイラストも簡単に制作できます。

【カバー付ふせん:CFM-076A】の3D(立体)イラスト:平面01

まず、テンプレートデータをご参照いただき、3D用のパーツを作成します。【1】がふせんで、【2】【3】【4】が表紙カバーです。【3】は背表紙でH0.5mmに設定します。

【カバー付ふせん:CFM-076A】の3D(立体)イラスト:立体01

全てのパーツに効果/3D/押し出し・べベルを適用します。「3D押し出し・べベル」オプション機能で、【1】【3】【4】は、水平(X)軸【39°】、垂直(Y)軸【33°】 、奥行き(Z)軸【-24°】に、【2】は、水平(X)軸【157°】、垂直(Y)軸【33°】 、奥行き(Z)軸【-24°】に設定します。奥行きは【1】は「10mm」、【2】【4】は「2pt」、【3】は「11mm」と入力します。詳細オプション「環境光」は【1】【3】は70%、【2】は80%に設定します。

【カバー付ふせん:CFM-076A】の3D(立体)イラスト:立体02

それぞれの要素を移動して適正な位置へ配置していきます。不透明度を80%程度にして、各パーツを重ねていきます。

【カバー付ふせん:CFM-076A】の3D(立体)イラスト:立体03

パーツ【3】を削除し【4】をコピーして上に重ね、閉じた状態も作ります。
ここで、表紙のカラーを「白」に変更しておきます。
これで3Dは出来上りです。
この3Dに平面のデザインをマッピングします。

【カバー付ふせん:CFM-076A】の3D(立体)イラスト:平面02

表紙カバーとふせんのデザインを用意します。

【カバー付ふせん:CFM-076A】の3D(立体)イラスト:立体04

完成です。

【カバー付ふせん:CFM-076A】の3D(立体)イラスト:企画書001

平面デザインと共にレイアウトし、ドロップシャドウを適用したりして、出来上りです。カバー付ふせん:CFM-076Aは、ふせん紙色は、白・黄・ピンク・薄緑・水色の5色から、ふせん枚数は20枚・30枚・50枚・100枚の4種類から選択できます。企画ご提案デザインに合わせて3Dイラストを調整してください。

 

 

 


【ふせん工房】『カバー付ふせん:CFM-076A』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】

 


【ふせん工房】『カバー付ふせん:CFM-076A』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

        ※このページのふせんの仕様は、次の通りです。
        【カバー付ふせん:CFM-076A】
         綴り枚数    『100枚』
         カバー印刷『オモテ面4色・中面印刷ナシ(4/0)』
         ふせん印刷『 1色(軽オフ)』