グラデーションがとてもきれいな、色上質紙の斜めカットメモ

異なる色の色上質紙を重ね合わせて、カットメモをつくってみました。グラデーションがとてもきれいなメモ帳ができました。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』メイン1

カットメモは大日三協【メモ工房】を代表するメモ帳です。今回はそのカットメモを色の異なる複数の色上質を重ね合わせて、きれいなグラデーションが特徴のカットメモをつくってみました。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』開き1

何種類かの色の異なる「色上質紙」を一定の規則性に則って積層すると、美しいグラデーションを表現することができます。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』拡大1

ベースのメモ形状は、大日三協【メモ工房】が製法特許を取得している看板商品「カットメモ」の80枚つづりです。カットメモを採用した理由はグラデーションをより効果的に表現できるからです。本来カットメモは束ねた紙断面に着目したメモ帳ですので、グラデーションメモには最適です。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』アクア1

色上質紙を積層しただけですと8mm足らずの幅しか視認できませんが、カットメモなら12mm程度に広がります。約1.5倍です。ご案内のように色上質紙は、白色の上質紙に比較して大変高価なためなるべく少ない枚数で効果的に使いたいものです。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』アクア2

選択する色や重ね方によって様々な模様を楽しめますが、今回は抒情的な(笑)3つのテーマを設定してからデザインしてみました。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』レインボー1

<レインボウ>はカラフルな組み合わせ。4色の色上質紙を使っています。
重ね方は、ピンクが5枚でイエローが1枚、ピンクが4枚でイエローが2枚・・・・・・・・・・・・・。という具合に延々と丁合します(笑)。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』開き4

「え、虹色なら7色じゃないの?」とおっしゃる方もいらっしゃると思い、調べてみました。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』開き3

Wikipediaによると
「虹の色数:
虹の色の数は現在の日本では一般的に七色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)と言われるが、地域や民族・時代により大きく異なる。日本では古くは五色、沖縄地方では二色(赤、黒または赤、青)とされていた。なお現代でもかつての沖縄のように明、暗の2色として捉える民族は多い。(中略)

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』レインボー2

・・・虹を7色と強弁したのはニュートンであるがイギリス社会一般で7色だと統一されているわけではない。」・・・らしいです。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』イメージ1

さて、続きまして<アクア>。
水色のグラデーションです。見過ごしてしまいそうなほど自然なグラデーションです。

色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』イメージ2

最後は、<グリーンリーフ>です。
「アボガドでもいいじゃないの。」と主張したのですが、にべもなく却下されました。
こちらもとっても美しいグラデーションになりました。

 色上質紙の斜めカットメモ『グラデーションメモ』メイン2

写真の3アイテムの手法(グラデーション丁合い)は、販売促進用途のノベルティとしてお使い頂くことが可能です。
グラデーションがとてもきれいな、色上質紙の斜めカットメモ(試作品)のご紹介でした。

カットメモ【イタリア貿易振興会様】採用実績001

カットメモ【イタリア貿易振興会様】採用実績です。表紙カバーにはとても光沢のあるミラーコート紙(キャストコート)を採用されていて、美しく上品で高級感があります。

カットメモ【イタリア貿易振興会様】採用実績002

カットメモ【イタリア貿易振興会様】採用実績003

カットメモ【イタリア貿易振興会様】採用実績004

OPP袋入りです。

 

 

【メモ工房】『カットメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
販促品・ノベルティ用にオリジナルメモ帳をつくるなら、国内自社メモ専用工場で製造する【メモ工房】の『カットメモ』をお勧めいたします。