オリジナル メモ帳のデザインの作り方:【ブロックメモのメモ用紙(メモ面)のデザイン】

今回はオリジナル メモ帳のデザインのヒントとして、【ブロックメモのメモ用紙(メモ面)のデザイン】についてご紹介いたします。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:不具合例01

ブロックメモのメモ用紙(メモ面)のデザインには、パンフレットなど一般商業印刷物のデザインにはない注意点があります。ブロックメモは400枚、800枚と紙を束ねた、非常に綴り枚数の多いメモ帳の形態です。厚さが4cm、8cmとあり、その造形の特別感、ボリューム感が魅力となっています。そしてその側面を生かして多くの場合は印刷を施します。そこで、メモ用紙(メモ面)のデザインは、側面に影響を及ぼさない配慮が必要になります。上の図ではメモ用紙(メモ面)の紙面いっぱいに「5mm方眼」をデザインしています。このように「紙ハジ」まで印刷するデザインにすると、側面に印刷インクが「スジ状」に表出します。パッドタイプのメモ帳では側面が注目されるわけではありませんので問題ありませんが、ブロックメモでは問題となります。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:デザイン例01

それでは、側面に影響を及ぼさないメモ用紙(メモ面)のデザインをご紹介いたします。側面に印刷インクが表出しなければよいのですが、余白を紙ハジから1~2mm程度と少なく設定しますと、加工段階で1mm程度でも何れかの方向へ寄った場合、偏りがとても目立つことがあります。そこで原則として、紙ハジから3mm程度内側へ収めてデザインしていただくことをお願いしております。
上図は最もベーシックなメモ用紙(メモ面)のデザインです。このデザインですと側面に影響を及ぼすことはありません。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:デザイン例06

シンボルマーク/ロゴタイプやマスコットキャラクターなどを紙面いっぱいにレイアウトするデザインもインパクトがあって魅力的です。その場合、濃紺や濃い赤など濃い色は15%程度に薄くすると文字が書きやすいようです。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:デザイン例02

こちらは、ドットを全面に連続的にレイアウトしています。ドットを大きめにして間隔も広めにとり、紙ハジから3mmの余白を取っています。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:デザイン例03

このデザインは、タイポグラフィーをベースとした手法です。グリッドを意識したデザインですので、余白も自然に感じられると思います。なお、印刷色はシアン1色刷りで、右肩の濃い部分は50%、薄い部分は10%です。文字を書くことを想定する部分は、スミやシアンなど濃い色は15%以下に抑えておくと良いようです。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:実サンプル写真01

実際にサンプルを作成してみました。側面はシルク印刷です。

【メモ工房】『ブロックメモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※この写真のブロックメモの仕様は、次の通りです。
   【ブロックメモ】
   種類(サイズ/枚数)『【S】80×80×80mm(綴り枚数:約800枚)』
   側面印刷場所『前後左右』
   本文(メモ)刷色数『1色』
   ペン穴の有無『無』

 

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:デザイン例04

5つ目は、背景に色アミを敷き、輪郭をぼかす手法です。和柄ややさしいタッチのデザインに向いています。刷色はマゼンタ1色で、背景は10%です。花びらは40%です。背景は紙ハジから3mm内側の四角形(74x74mm)に効果/スタイライズ「角を丸くする」1mmと「ぼかす」5mmを適用しています。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:実サンプル写真02

実際にサンプルを作成してみました。側面は一見シルク印刷のように見えますがインクジェット印刷です。2色以上の色を使う(多色刷り)デザインの場合は見当精度の観点からもインクジェット印刷が適しています。

【メモ工房】『アートブロックメモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※このメモ帳の仕様は、次の通りです。
   【アートブロックメモ】
   綴り枚数『約400枚(高さ40mm)』
   側面印刷場所『前後左右』
   本文(メモ)刷色数『1色』
   ペン穴の有無『無』

 

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:デザイン例05

罫線でやさしい感じにしたいときには、ヨコ罫の線種にブラシ「鉛筆」や「鉛筆(細)」を選択します。罫線の本数を少なめにして、左右の余白も多めにとります。罫線の間隔は「To」の罫と次の罫線の間隔は9mm、「From」の罫と上の罫線の間隔も9mm、その他は8mm間隔です。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:側面印刷例01(シルク印刷)

側面印刷を施すと、図のようになります。図の側面印刷はシルク印刷です。フルカラーインクジェットプリントのアートブロックメモも選択できます。

オリジナル メモ帳のデザインの作り方【ブロックメモのメモ面】:実サンプル写真03

もちろん無地でも成立しますし、無地を選択されるケースも多数あります。

【メモ工房】『ブロックメモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※この写真のブロックメモの仕様は、次の通りです。
   【ブロックメモ】
   種類(サイズ/枚数)『【S】80×80×80mm(綴り枚数:約800枚)』
   側面印刷場所『前後左右』
   本文(メモ)刷色数『0色』
   ペン穴の有無『有』

 

 

 

 

【メモ工房】『ブロックメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
販促品・ノベルティ用にオリジナルメモ帳をつくるなら、国内自社メモ専用工場で製造する【メモ工房】の『ブロックメモ』をお勧めいたします。

 

【メモ工房】『アートブロックメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
販促品・ノベルティ用にオリジナルメモ帳をつくるなら、国内自社メモ専用工場で製造する【メモ工房】の『アートブロックメモ』をお勧めいたします。