オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【ダブルクリップメモ】

今回は、ダブルクリップメモの3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。基本の構造はポップアップメモと同じです。二つのクリップ機能をどのように表現するかがポイントになります。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:平面図01

テンプレートデータを参照いただいて、以上のようなパーツを作ります。ポップアップメモとはサイズが異なりますのでご注意ください。表紙のポップアップしない部分のパーツは、テンプレートデータと上下反転しておいてください。また、ポップアップ部分をロックしておく三日月型のツメは別パーツで用意します。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:3D-01

全てのパーツに効果/3D/押し出し・べベルを適用します。「3D押し出し・べベル」オプション機能で、水平(X)軸【-18°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】ですので、デフォルト値のままです。奥行きは「1p」と入力します。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:3D-02

メモ用紙と裏表紙にあたるパーツを「3D押し出し・べベル」オプション機能で、「押し出しの奥行き」を、「メモ用紙」は「89mm」とミリメートルで入力します。「裏表紙」は「90mm」とミリメートルで入力します。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:3D-03

それぞれの要素を移動して適正な位置へ配置していきますが、パーツの重ね順が重要になります。手前にあるパーツを最前面になるようにしてください。【1】が一番手前です。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:3D-04

それぞれの要素を移動して適正な位置へ配置していきます。分かりやすいように一部パーツのカラーを変更してみました。
重ね終わったら、全てをコピー&ペーストして、ポップアップする表紙側のパーツを削除して、裏表紙のパーツをコピー&ペーストして、前面に重ね。閉じた状態も作ります。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:3D-05

ここで、全てのカラーを「白」に変更しておきます。
これで3Dは出来上りです。
この3Dに平面のデザインをマッピングします。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:デザイン

表紙カバーとメモ用紙のデザインを用意します。ここまではポップアップメモとサイズが異なるだけです。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:メモ用紙

ダブルクリップメモは表紙カバーとメモ用紙の両方に、それぞれクリップ機能が用意されているのが特徴ですので、その特徴を3Dイラストで表現するパーツも用意します。
メモ用紙を折り曲げた状態を作成します。上側がタテ53mm、下側がタテ36mmです。さらに上側の右下のアンカーポイントを移動して右辺を51mmにします。下側は左下のアンカーポイントを移動して左辺を34mmにします。最後に下側のパーツを傾けて、上側のパーツに重ねます。クリップ機能の半円形の部分は別パーツとして最前面に重ねます。ここでは説明用に色分けしています。
全てのパーツに効果/3D/押し出し・べベルを適用します。「3D押し出し・べベル」オプション機能で、水平(X)軸【-18°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】ですので、デフォルト値のままです。奥行きは「1p」と入力します。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:マッピング用データ

実際にマッピングするパーツです。折った状態のメモ用紙のクリップ機能部分は最上面に重なるので別パーツとします。白の長方形は折った状態のメモ用紙の裏側です。グレーの長方形はポップアップした表紙の裏側です。それぞれの長方形のサイズは、効果/3D/押し出し・べベル/マッピングの「面に合わせる」機能を適用すればよいので、適当でも構いません。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:3D-完成図

完成です。

ダブルクリップメモ3Dイラスト:企画書

平面デザインと共にレイアウトし、ドロップシャドウを適用したりして、出来上りです。3Dイラストを原寸のまま使用したかったので、アートボードをA4からA3に変更しています。

 

 

【メモ工房】『ダブルクリップメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】