企画書用「バンド付ダブルリングノート(A6サイズ)の3D(立体)イラスト」の作り方。

今回は、バンド付ダブルリングノート(A6サイズ)の3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。ダブルリングノートにバンドを付けると、とてもオシャレで特別なダブルリングノートになります。

企画書用「バンド付ダブルリングノート(A6サイズ)の3D(立体)イラスト」の作り方。:説明イラスト001

ダブルリングノートの3Dイラストは以前ご紹介させていただいたものを使用します。
この3Dに平面のデザインをマッピングします。

 

企画書用「バンド付ダブルリングノート(A6サイズ)の3D(立体)イラスト」の作り方。:説明イラスト002

表紙カバーとノート本文のデザインも同様です。

企画書用「バンド付ダブルリングノート(A6サイズ)の3D(立体)イラスト」の作り方。:説明イラスト003

バンドのパーツを用意します。ノートのイラスト上のサイズは原寸で上下148mmですが、バンドは原寸ですとサイズが合わなくなりますので、上下約125mmで作成します。厚さは多少デフォルトして2mmです。裏側へ回り込んでいく部分は別パーツとし、少し薄い色を指定します。3D押し出しべベルを適用します。「3D押し出し・べベル」オプション機能で、水平(X)軸【52°】、垂直(Y)軸【36°】 、奥行き(Z)軸【82°】、遠近感【0°】で、奥行きは「6mm」と入力します。手前のパーツのみ環境光65%に設定します。バンドの質感を出すためにバンドのカラー見本からマッピング用パーツを作成してシンボルに登録しています。(必要な場合はお問い合わせください。)表出する箇所にマッピングします。

企画書用「バンド付ダブルリングノート(A6サイズ)の3D(立体)イラスト」の作り方。:説明イラスト004

完成です。
表紙のデザインはバンドを意識したものでなくても、あまり違和感はないようです。バンドの色は多数ありますので、デザインに合わせてお選びいただけます。

企画書用「バンド付ダブルリングノート(A6サイズ)の3D(立体)イラスト」の作り方。:説明イラスト005

平面デザインと共にレイアウトし、ドロップシャドウを適用したりして、出来上りです。バンドはマッピング用の画像をそのまま使用しています。3Dイラストを原寸のまま使用したかったので、平面イラストは少し縮小し、アートボードはA4からB4に変更しています。
(また、ダブルリングの3Dイラストはデータ量が大きいので制作される際はご注意ください。)

 

 

【メモ工房】『バンド付ダブルリングノート』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】