ミドリさんの『ひみつ付せん』(ネコ柄)

今ではすっかり付せんの定番仕様に。ミドリさんの『ひみつ付せん』(ネコ柄)のご紹介です。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』OPP袋入り

OPP袋の透明シールには、『ひみつ付せん』「折り返してメッセージを隠せる、貼ってはがせるメモ。」と。Webで確認してみるとこの形態でたくさんのデザインを展開されています。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』本体正面01

中には10枚綴りの付せんが2セット入っています。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』本体正面02

付せんが20枚綴り1セットではなく、10枚綴りで2セットになっているのは小分けして使えるようにとの配慮からでしょう。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』台紙01

台紙にもちゃんと『20枚入り(10枚x2)』と明記されています。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』付せん正面01

さて本品の付せん紙はこのようになっています。タテ120mmのヨコ60mm程です。ネコの鼻のところに切込みが入っています。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』付せん正面02裏側

裏側も印刷されています。背景のベージュ系の色は紙の色でしょうか。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』付せん貼った状態01

使うときは折り返して、下半分は裏面が表になりますので、裏側のデザインも大切です。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』付せん貼った状態02

折り返して下端をハナの切れ込みに差し込めば出来上がりです。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』付せん貼った状態03別アングル01

別アングルから見ると・・・

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』付せん貼った状態04別アングル02

こんな感じです。

ミドリさんの『ひみつ付せん(ネコ柄)』付せんイメージ001

説明がなくても直観的に使用できます。
また、本品の正式名称は「付せん紙 ひみつ ネコ柄」になるのでしょうか。ショッピングサイトでもそのように表現されているようです。
「ノリ付きのメモ用紙」を指すいわゆる『付箋』の表記については、様々あります。「付箋」「ふせん」「フセン」を使っている企業さんもありますが、ミドリさんは『付せん紙』あるいは『付せん』を使っていらっしゃるようです。
今ではすっかり付せんの定番仕様に。ミドリさんの『ひみつ付せん』(ネコ柄)のご紹介でした。