オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【フセンメモリー】

「フセンメモリー」の3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。「フセンメモリー」は、「フセン」「メモ」「定規」を1つにまとめた携帯用の便利なステーショナリー。「フセン」と「定規」の平面素材はテンプレートデータより流用できます。

【フセンメモリー】3Dイラスト:平面01

まず、テンプレートデータをご参照いただき、3D用のパーツを作成します。表紙カバーとメモ用紙とフセンと、定規が印刷されるフセンの台紙【4】をつくります。「フセン」【5】の平面素材はテンプレートデータより流用し、グルーピングしておきます。【1】は塗りK10%、【2】【3】はK5%、【4】【6】は白です。【4】は枠線K30%です。それ以外のパーツの枠線は外しておきます。

【フセンメモリー】3Dイラスト:立体01

全てのパーツに効果/3D/押し出し・べベルを適用します。【2】【3】【6】は「3D押し出し・べベル」オプション機能で、水平(X)軸【70°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】に設定します。【1】【4】【5】は、水平(X)軸【14°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】に設定します。【2’】は【2】を複製して、綴じた状態用に、水平(X)軸【67°】、垂直(Y)軸【-29°】 、奥行き(Z)軸【-88°】に設定します。「押し出しの奥行き」は、【4】は1.5mmと【6】は5mmとmmで入力します、それ以外のパーツは全て1ptと入力します。

【フセンメモリー】3Dイラスト:立体02

全てのパーツを移動して、フセンメモリーの3Dを完成させます。

【フセンメモリー】3Dイラスト:平面デザイン01

平面のデザインを用意します。メモ用紙はグレーの5mm方眼です。厚さ用に0.5ptの万線も用意しました。両方とも外枠を付けていますが、実際には枠なしの塗り白にします。定規はテンプレートデータを流用しています。

【フセンメモリー】3Dイラスト:立体03

3Dに平面のデザインをマッピングします。
パーツ【3】をコピーして表紙をつくり、綴じた状態も作成します。
完成です。

【フセンメモリー】3Dイラスト:企画書001

平面デザインと共にレイアウトし、ドロップシャドウを適用したりして、出来上りです。

 

 

 

【メモ工房】『フセンメモリー』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】

 

【メモ工房】『フセンメモリー』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
 

    ※このページのメモ帳の仕様は、次の通りです。
    【フセンメモリー】:表紙刷色数『4色カラー』、メモ用紙刷色数『1色』