オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【定規ふせん】

「定規ふせん」の3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。「定規ふせん」は、フセンの台紙が定規になっているとても便利なふせんセットです。ふせんと定規付き台紙の平面素材はテンプレートデータより流用できます。

【定規ふせん】3Dイラスト:平面01

まず、テンプレートデータをご参照いただき、3D用のパーツを作成します。表紙カバーとふせんと、定規が印刷されるふせんの台紙【3】をつくります。ふせんの平面素材はテンプレートデータより流用します。【4】はグルーピングしておきます。(ふせんの長さは43mmです。)
なお、【3】ふせんの台紙の形状はテンプレートデータとは異なります。テンプレートのような単純な角Rの長方形でも良いと思います。

【定規ふせん】3Dイラスト:3Dイラスト01

全てのパーツに効果/3D/押し出し・べベルを適用します。【1’】【2】【3】【4】は「3D押し出し・べベル」オプション機能で、水平(X)軸【14°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】に設定します。【2’】【3’】【4’】は、水平(X)軸【70°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】に設定します。【1】は、水平(X)軸【-12°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】に設定します。【1’’】は、水平(X)軸【57°】、垂直(Y)軸【-26°】 、奥行き(Z)軸【8°】に設定します。「押し出しの奥行き」は、【4】は1.5mmとmmで入力します、それ以外のパーツは全て2ptと入力します。

【定規ふせん】3Dイラスト:3Dイラスト02

全てのパーツを移動して、3Dを完成させます。

【定規ふせん】3Dイラスト:平面02

平面のデザインを用意します。定規はテンプレートデータを流用していますが、台紙の形状はテンプレートデータとは異なります。単純な角Rの長方形でも良いと思います。なお、台紙の形状は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

【定規ふせん】3Dイラスト:3Dイラスト03

3Dに平面のデザインをマッピングします。
ふせんはパーツ【4’】のみマッピングしています。各パーツの外罫線はなしにしています。
完成です。

【定規ふせん】3Dイラスト:企画書001

平面デザインと共にレイアウトし、ドロップシャドウを適用したりして、出来上りです。

 

 


【メモ工房】『定規ふせん』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】