オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【キーボードメモ】

キーボードメモの3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。キーボードメモは、キーボードに差し込んでメッセージを伝えるメモ。今回はキーボードの3Dイラストも制作してみます。

オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【キーボードメモ】平面デザイン01

まずは、キーボードメモのテンプレートデータをご参照いただき、平面デザインを制作します。メモ用紙は90x90mmの正方形で30枚綴りです。型抜きするタイプを想定していますが、型抜かなくても成立します。今回は型抜かないケースを想定してみます。表紙カバーも同寸で、下側が「J」字型に30mm立ち上がっています。

オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【キーボードメモ】キーボード平面01

キーボードメモはキーボードに差し込んだ状態を表現したいので、キーボードも3Dイラストにしてみます。図のようにキーボードの平面イラストを部分的に作成します。キーは18mm角で2mmで送っています。枠は適当です。キーはヨコ列はグルーピングしておきます。

オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【キーボードメモ】キーボード3D002

3D押し出しべベルを適用します。「3D押し出し・べベル」オプション機能で、X軸【64°】、Y軸【21°】 、Z軸【-7°】、遠近感【0°】で、押し出し奥行きは「50pt」です。キーのパーツは「ベベル」を「標準」に設定します。

オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【キーボードメモ】キーボード3D003完成形01

全てのパーツを移動し、重ね順を変更します。キーボードの横枠の長さが短いのでフリーハンドで調整してください。すべてのパーツを塗り「白」にします。

オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【キーボードメモ】キーボード3D004完成形02メモ用紙セット

キーのパーツのみにドロップシャドウを適用して、メモ用紙をセットします。メモ用紙にもドロップシャドウを適用します。

オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【キーボードメモ】企画提案書001

平面デザインなどをレイアウトして完成です。各パーツを原寸で使用するために、アートボードはA3に変更しています。

 

 

 

【メモ工房】『キーボードメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】

 


【メモ工房】『キーボードメモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※このページのメモ帳の仕様は、次の通りです。
   【キーボードメモ】
   ケース(外側)刷色数『1色』
   ケース(内側)刷色数 ※備考欄に「ケース(内側)は0色」とご記入ください。
   本文(メモ) 刷色数『4色』

 

 

キーボードに差し込まないタイプをご希望のときはこちらをどうぞ。