オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【ブロックメモ:キューブタイプ】

ブロックメモ:キューブタイプ(厚さ約80mm)の3D(立体)イラストの作り方をご紹介いたします。企画書などに必須ですね。とても簡単ですからぜひ試してみてください。

ブロックメモの3D(立体)イラスト-3D押し出し・べベル

まずはタテヨコ8cmの正方形を作ります。(もちろんアプリケーションはアドビ社のイラストレータです。)効果/3D/押し出し・べベルを適用します。完成です!コツは「押し出しの奥行き」を「80mm」とミリメートルで入力することぐらいでしょうか。

ブロックメモの3D(立体)イラスト-各面のデザイン

側面とメモ用紙(メモ面)のデザインを用意します。用意したデザインを「シンボル」に登録します。この後、先ほどつくった3Dにマッピングしていくのですが、角度が意図したようにマッピングされない面があります。「押し出しの奥行き」に当たる面です。
「オプション」ダイアログ上で、フリーハンドで回転することも可能ですが、慣れないと微調整に少しばかり手こずりますので、デザインを複製して、角度を90度回転したものをつくり、こちらもシンボルに登録します。(これで、効果/3D/押し出し・べベル/マッピングの「面に合わせる」機能も有効に使えます。)

ブロックメモの3D(立体)イラスト-3D側面1

作った3Dに「シンボル」に登録したデザインをマッピングしていきます。
効果/3D/押し出し・べベル/マッピングを適用します。3Dの「正面」には、デザインしたままの角度で「シンボル」に登録したものをマッピングします。

ブロックメモの3D(立体)イラスト-3D側面2

3Dの「押し出しの奥行き」に当たる面にマッピングするときには、「シンボル」に90度傾けて登録したものをマッピングします。

ブロックメモの3D(立体)イラスト-3D上面

最後にメモ用紙(メモ面)のデザインをマッピングして完成です!

ブロックメモの3D(立体)イラスト-3D全体説明

慣れれば、平面上で各側面を制作していくより簡単ですし、自然な立体感もあると思います。また、3D押し出しべベルのオプション機能も使えて便利です。

ブロックメモの3D(立体)イラスト-イメージ

フリを変えたり、大きさを変えたりして変化を付けることも容易です。(拡大縮小するときは、「変形」の「線幅と効果も拡大・縮小」をチェックしておいてください。)

ブロックメモの3D(立体)イラスト-企画書

平面デザインと共にレイアウトし、ドロップシャドウを適用したりして、出来上りです。

【メモ工房】『ブロックメモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※このページのブロックメモの仕様は、次の通りです。
   【ブロックメモ】
   種類(サイズ/枚数)『【S】80×80×80mm(綴り枚数:約800枚)』
   側面印刷場所『前後左右』
   本文(メモ)刷色数『1色』
   ペン穴の有無『無』

 

 

 

 

【メモ工房】『ブロックメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】