無印良品さんの『文庫本ノート』

文字通り「無地の文庫本」。無印良品さんの『文庫本ノート』のご紹介です。

無印良品さんの『文庫本ノート』メイン01

まずは、無印良品さんのサイトから、「文庫本と同じ製本手法でノートを作りました。・・・」やはりそうなんですね。手に持つと、非常にしっかりした造りを確認できます。
こちら側に商品ラベルが貼ってありますので、一応右開きでしょうか。もちろん左右どちらから使っても支障はありません。

無印良品さんの『文庫本ノート』正面01

サイズはタテ約148×ヨコ105mmのA6サイズで、文庫本より縦横とも数ミリ程度小さいです。

無印良品さんの『文庫本ノート』裏面01

採用されている用紙は文庫本とは異なるようです。表紙は手触りは文庫本に近く、平滑性が高くツルッとしていて、密度があって耐久性があるところは同様の傾向/特性の紙ですが、もう一段薄く色もクリーム系ではなくて茶色です。

無印良品さんの『文庫本ノート』栞ひも01

『文庫本』ですので、ちゃんと栞ひもが付いています。これはノートとしてもとても便利ですね。

無印良品さんの『文庫本ノート』本文01

本文も文庫本よりクリーム系で、ほんの少し厚く感じます。一般的なノートより密度があって平滑性が高いようです。

無印良品さんの『文庫本ノート』イメージ001

無印良品さん以外ではなかなか商品化できないのではないでしょうか。無印良品さんが提案されるからこそ共感が得られるのでしょう。相変わらず感心してしまいます。
文字通り「無地の文庫本」。無印良品さんの『文庫本ノート』のご紹介でした。