オリジナル メモ【パラパラ漫画メモ】の企画提案用GIFアニメーションの作り方。

アドビ イラストレーターで制作したパラパラ漫画メモのデザインを、企画提案用のGIFアニメーションにする方法のひとつをご紹介いたします。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:16フレームGIFアニメーション

通常のメモ帳とことなり、パラパラ漫画メモには時間軸の要素があります。そのとき問題となるのは、クライアントや関係セクションとのコンセンサスのとりかたについてです。プリントアウトしてカットしクリップで綴り、ダミーサンプルを作成すればよいのでしょうが、アイディア数やチェックの度に対応するのは合理的とは言えないでしょう。(一度はつくって確認することは必要です。)
そこで、まさにデジタル上のパラパラ漫画といえるGIFアニメーションを使ってコミュニケーションをとるのがスマートではないでしょうか。軽量のデジタルデータですから、メール添付などICT環境でやりとりできて、制作プロセスの効率向上に大いに寄与します。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:表紙+本文16柄のデザイン

イラストレーターで表紙+本文16柄の合計17のアートボードを設定し、各ページのデザインを制作します。イラストレーター/フォトショップのヴァージョンはCS5.1です。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:「書き出し」

「ファイル」→「書き出し」で、「ファイルの種類」を「JPEG」、「各アートボードごと」にチェックを入れ「保存」を実行します。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:「ファイルをレイヤーとして読込む」

フォトショップを開き、「ファイル」→「スクリプト」→「ファイルをレイヤーとして読込む」で、「ソース画像を自動的に配置する」と「レイヤーの読込み後にスマートオブジェクトに変換」はチェックしないで「OK」を実行します。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:「レイヤー」→「重ね順」

出来たファイルをフォトショップで開き、すべてのレイヤーを選択して「レイヤー」→「重ね順」→「逆順」を実行。
続いて、「ウインドウ」→「アニメーション」で[アニメーション]パレットを表示し、右肩(に隠れている)のメニューから[レイヤーからフレームを作成]を実行します。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:ディレイ(1 つのフレームが表示される時間)を指定

作成されたアニメーションの「フレーム」にディレイ(1 つのフレームが表示される時間)を指定します。今回は最初(表紙)と最後は1秒、それ以外は0.2秒にします。それ以外は一括で選択して設定できます。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:20フレームGIFアニメーション

こちらは、20柄の場合です。実際には20柄×3回繰り返し、綴り枚数60枚ですので、3回繰り返しにしても良いかもしれません。今回ご紹介した方法以外にも様々な手法があると思います。内容や環境に応じて適切な手法を選択していけば良いと思います。

パラパラ漫画メモの企画提案用GIFアニメーションの作り方。:16フレームx3回繰り返しGIFアニメーション

16柄x3回繰り返しバージョンもつくってみました。如何でしょうか。

 

 


【メモ工房】『パラパラメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
販促品・ノベルティ用にオリジナルメモ帳をつくるなら、国内自社メモ専用工場で製造する【メモ工房】の『パラパラメモ』をお勧めいたします。

 

【メモ工房】『パラパラメモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※このページのメモ帳の仕様は、次の通りです。
   【パラパラメモ】
   種類 『Mサイズ48枚』あるいは『Mサイズ60枚』
   表紙刷色数 『2色』
   本文(メモ)刷色数 『2色』