オリジナル メモ帳の企画書用3D(立体)イラストの作り方。【タグブロックメモ】

オープンソースの3DCGソフトウェア【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3Dイラストの作り方のご紹介です。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:イラストレーター平面図01

まず、イラストレーターで、タグブロックメモの平面形状を作成します。タグ紐を通す穴の部分は複合パスにしておきます。SVG形式で保存します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:【Blenderブレンダー】インポート

Blenderを開き、平面図をインポートして、メッシュに変換します。編集モードで面を溶解します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:押し出し01

面を選択して、表示を真横に切り替え、垂直方向へ押し出します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:カーブ「ベジェ」を追加します。

カーブ「ベジェ」を追加します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:太さを設定

X軸方向に90度回転し、ジオメトリ→べベル→深度で太さを設定します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:カーブの頂点を増やす

カーブの頂点を増やしながらリアルなタグブロックメモを参考に結び目をつくっていきます。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:結び目をつくる01

最初は緩く位置関係を確認しながら、徐々にカーブを小さくしていきます。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:結び目をつくる02

編集モードでの表示です。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:結び目をつくる03

オブジェクトモードでの表示です。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:結び目をつくる04

紐が完成したら、本体のシームをマークします。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:UVを展開01

UVを展開します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:マテリアル画像(画像テクスチャ)を作成

イラストレーターでUVマッピング用のマテリアル画像(画像テクスチャ)を作成します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:UVマップに画像を開きます。

UVマップに画像を開きます。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:画像に合わせてUVを調整します。

画像に合わせてUVを調整します。同じ展開デザイン画像をマテリアルプロパティで画像テクスチャに指定します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:カメラのアングルなどを調整

カメラのアングルなどを調整します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:レンダリングして保存

レンダリングして保存します。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:フォトショップで明るさなど調整

フォトショップで明るさなど調整してドロップシャドウを付けました。

【Blenderブレンダー】で作成する『タグブロックメモ』の3DCGの作り方:イメージ001

紐がなければイラストレーターで作成したほうが簡単ですが、やはり紐がないとカタチになりませんので(笑)。
【Blenderブレンダー】で作成する、オリジナル メモ帳『タグブロックメモ』の企画書用3D(立体)イラストの作り方のご紹介でした。

 


【メモ工房】『タグブロックメモ』のページはこちら>>
お問い合わせやお見積りのご依頼もこちらからどうぞ。
【テンプレートデータのダウンロードもこちらからどうぞ。】

 

【メモ工房】『タグブロックメモ』の、
直接 「お見積りフォーム」 へはこちらからどうぞ>>
お見積の際サンプルが必要な方は、備考欄に『サンプル希望』とご記入下さい。

   ※このページのメモ帳の仕様は、次の通りです。
   『タグブロックメモ』
   種類 『TAG200(200枚綴り)』
   表紙刷色数 『4色カラー』
   本文(メモ)刷色数 『4色カラー』